桜の季節ですね

c0220499_18142706.jpeg


c0220499_18150336.jpeg


c0220499_18212790.jpeg
撮影/ララのガラケー。写真が上手に撮れない。。。


気がつけばもう3月が終わりますね。桜も満開になりました。

3月14日のライブも無事に終了。お越しくださったみなさま方、誠にありがとうございました。演奏の細井豊さんやお客様のみなさんと楽しい暖かい時間を過ごせて嬉しかったです。次回のハーネスライブは7月13日(金)です。みなさま、またいらしてくださいね。

今週は思いがけず小さな春休みがとれました。(というか、仕事が飛んだということですが。それもそれで死活問題なんだけど。いやー焦るわー)

昨日は友人で芸能人(ん?言い方おかしい?正しいよね?)のただじゅんこと多田純也さんが、私の家の近所の保育園で劇をするっていうので観に行ってきました。劇団の名前はとっぴんぱらりん座さん。ただじゅんさん+けんけんくじらさん+なにぬのやこさんによる3人組の、歌に太鼓にお囃子にお芝居に獅子舞に。お祭りに来たようななんともカラフルな劇団。保育園児たちが身を乗り出しノリまくり、トラに泣きまくって、ああ、凄かった。笑った笑った。すっかりファンになっちゃいました。ああ、いつかどこかでご一緒したいなー。

前日は今わたしが通っているアレクサンダーテクニークの学校の仲間のお誘いで、学校でもお世話になっている芹沢紀美子先生による、GAP(ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス)の入門講座・ワークショップを受けに行ったり、(大雑把に言ったらゲシュタルト療法という心理療法から派生したエネルギーワークのひとつのようです。エサレンマッサージ等で有名なアメリカのエサレン研究所発祥のものらしいです。合ってるのかな?)「今ありのままの私に気づく」初めてのGAPは創始者の方の学んできた仏教の実践ということもあってなのかなんなのか、とても東洋的な部分もあるというか、私にとってはとっても懐かしいような感覚もあり興味深いものでした。とくに「自分にとってしあわせとは何か?」という自分への問いかけは、思っていた以上にズドンときたし、とても大きな問いかけとなりました。

※企画してくれた落合美雪さんのブログにGAPのことが書かれています。ご参照ください。

ワークショップが終わってからは学校の仲間たち10数人と先生とでお花見へ。学校に行っているといっても、私と同世代と、上と下と、まあいろんな世代の男女。スーパーで酒とつまみを買って、てくてく駅から40分歩いて公園へ行き、桜の下でみんなでひたすら笑いたおしていました。

子どもの頃からの自分のことを振り返って考えたとき、びっくりするようなこともいろいろあったような気もするけれど、それでもいつでもユニークな人生で、結局ぜんぶ楽しんじゃっているわたしって、ああ、なんだかんだで自分はしあわせなんじゃん、と、なんだか素直に喜んではしゃいでいる自分がいました。

そして、私と同様、誰もがみなユニークな愛しき存在。そのユニークなたくさんの人生たちに想いを馳せたとき、とても、愉快で、きっと素晴らしいものだろうと、とおもいました。わたしにとってしあわせってこんなかんじのことなのかも。世界中にいろんなことがあるけれど、それでも、世界中の誰もが、自由で気持ちよく生きていけたらいいなあ。

そんなことを思った春の一日。花見に行きたくてうずうずして我慢してる人たちもたくさんいらっしゃるかと思いますが、東京は桜がちょうどいい頃。週末までもつのかなー?みなさんの住む町はどうですか?北国はこれからよね?

いい季節になりました。桜に限らずたくさんの花が咲き始めますね。
春の彩り、楽しんでくださいね。みなさまよい春の日を。








************************************************



[PR]
# by lalaleene | 2018-03-29 18:26

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene