山を荒らさず 川を荒らさず

c0220499_22153449.jpg

c0220499_22155791.jpg

(写真は明治神宮御苑の菖蒲園と清正の井。かなり気持ちの良い場所でした。)


昨日は夕方より6・11新宿アルタ前デモというものにひとりでふらりと行った。
2万人?とも言われる多くの人たちが「脱原発」を訴えて行進し集まっていた。
警察ももちろん大挙しとにかく人が溢れかえり、屋台こそないけどまるでお祭りのような
騒がしさだったが、人々に共通してるのは原発事故への怒りと恐怖と未来への切望。
その想いが痛いほど伝わってきて胸がしめつけられた。
しかしデモへの是否はともかくとして、まずこうして一歩踏み出すこと、
こうやって声を出していくこと、集まって誰かと話し繋がっていくことが大事だと思った。
そういう意味では非常に非暴力で平和的な集いだったんじゃないかなと思う。

今日の昼間はまたしても仕事をしつつ総理官邸からの「総理・有識者オープン懇談会」
というネット中継を見る。twitterからの質問・コメントも可。
ネットで総理と懇談会だなんて物凄い時代になったものだなぁと驚いてしまう。
メンバーは総理、福山官房副長官、田坂内閣官房参与、
枝廣淳子氏、岡田武史氏、小林武史氏、坂本龍一氏、孫正義氏。
いやー。しかし素晴らしかった。何度も泣きそうになりながらパソコンに「そうそう!」
と頷いた。彼らは学者ではないというところも良かった。
特に岡田監督の手ぶら具合と飾り気ない人柄に逆に好感が持てた。

「真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」

坂本龍一さんが引用した明治の偉人・田中正造氏の言葉が胸に刺さった。
また岡田監督の「自然は子孫からの借り物。汚してお返ししちゃいけない」
という言葉も。電力会社主導ではなく自分たちで発送電していく
具体的な可能性のことや、何事も「・・・とは言ってもなぁー。」という言い訳を
ひとつでも少なくしていくよう行動していくことの大切さなど、
みなさんいろんないいこと言っていてメモしながら聞いた。
「国を想うきもち、子どもを想うきもち、自然を想うきもちはみんな同じ」という
孫さんの言葉通り、想いはみんな同じ。
管政権のあり方や管総理への批難批判はさておき
(私も激しく思うところ言いたいことはありますが)
政党も宗教も何もかも超えてここから新しい世界が始まっていくといいなぁと思う。
政治はそもそも政治家のためだけのものではない。
私たちひとりひとりが参加していくべきことなんだと思う。もっと私も勉強しよう。

この懇談会に対するいろんな意見や書き込みはツイッターのハッシュタグ
#openkoncで検索すると見られます。
賛否両論含め興味深いと思います。今日の放送は以下のURLから。
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4972.html?t=58&a=1
[PR]
by lalaleene | 2011-06-12 22:31

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene