MK5(バンドの名前じゃないよ)

テレビを見ていた娘のヘンダが突然私に語りかけた。
「お母さん、MK5って知ってる?」と。

え?何それ、と聞くと、

「マジで切れる5秒前っていう意味なんだって。」

何それ??
ネットで検索してみたら「エムケーファイブ」といって、
もう15年ぐらい前の流行語のようだ。知らなかった。死語というヤツか。
私の流行はどうやら遅れてやってくるのだろうか。これを時代遅れと言うんだな。
しかし、考えてみたら今の自分はMK5かもしれない。

そう、毎日気がつけば原発のことばかり考えて頭がいっぱい。
毎日現場で命がけで作業にあたってる人たちのこと、被曝のこと、
福島の方たちのこと、農作物のこと、海のこと。
それらを回復するまでの道のりの長さを考えただけで、
あまりの深刻さに身体がわなわな震えてくる。
「大丈夫」なんかじゃない。全然「安全でクリーン」なんかじゃなかったじゃないよ。
どうして私たちは、こんなにも多くの人たちの犠牲と悲しみのもとに、
こんなにも危険なエネルギーを使ってまで、
現代生活を維持しなくてはならないのかということを考えます。
それにそんなに現代生活って偉いのかよ?と。
こういうときいつも波照間島を思い出す。台風とかで結構電気止まってたなぁと。
それにおばぁたちから聞いた「電気のなかった頃の島の話」
浜辺で毛遊びをして、歌って踊って、夜這いがあった頃の話を、
楽しそうにしてくれたときのことを。
全漁連の会長がインタビューで「原発には協力しない。理解もできないし、しない。」
と言っていた。私も同感だ。
海に漁にも出かけられなくなるような暮らしって何なんだろうか。
それが私たちの夢見てきた「近代文明」だったのかしら?
代替エネルギーについてテレビで専門家に語ってもらいたいのに、
あまり見かけないのは何故?ネットにはいるのに。
今福島が大変なときに六ヶ所村に新しい核再処理施設を拡張って?
原発を使いつづけて得をするのは誰?
どうして電気会社を自分たちでチョイスできないの?国営でもないのに。

いろんなことが疑問だらけ。でも難しいことはわかんなくっても、
変だと思ってることには「NO!」と言うべきだと常に思う。
ましてや非常事態。こんなときこそ直感が大事。今あげなきゃいつあげるのか?
大変なときであっても日本人はおとなしい人が多すぎる気がする。
空気を読め、とよく言うけど、私から言わせれば、
空気を読みすぎて、物事の本質から外れていくことってたくさんあるような気がする。
常に空気を読む必要なんてあるのだろうか。
私の主宰する合唱サークルはみんぐばーどの合言葉、
「AKY」(=敢えて空気読まない)ぐらいの厚顔さが何事も必要なのではないかと思う。

言いたいことも言わず、根回しばっかりして、表面ずらだけ合わせるような、
嘘八百円ばかりの軽い社交ともお別れしたい。
もっと議論の場を。そしてもっと私たちも政治家になんでもおまかせではなく、
もっともっと知る必要や権利があるし、発言する場所が欲しいと思う。
難しいことなんてわからなくてもいい。
フツーの日常の中で感じる違和感を、きちんと「変だ」と言えるようにしたい。
それは怒りをぶつけることとは違う。「○○のせいだ!」と批判や非難することとも違う。
オバマ風に言うなら、今までのやり方を「チェンジ!」したいだけだ。
今日は必ず選挙に行こうと思う。
誰になろうと意思を表明することが大事なんだと思う。
とにかく私たちの住む国をもっと穏やかで快適なものにしたい。
5秒後に自分がマジギレしてるような状態にはなりたくない。
ましてや5秒後に原発が爆発するかもしれないという時に、のんびりしててはダメだ。
冷静に、なるべくなら理知的に、何事も声をあげつづけるべきだと私は思う。
[PR]
by lalaleene | 2011-04-10 04:11

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene