芸ひとすじ。

c0220499_2131695.jpg


今日はオーディションというものを受けに行った。
何年ぶりだろう。舞台に登り歌をうたったりアコーディオンを弾いたり台本を読んだり。
あっという間の1時間だった。主宰者は若干20代半ばの若い女性。
そして同じ年ぐらいの女の子がお手伝いとしてもうひとり同席していた。
二人のあまりに真摯な美しい瞳に心を動かされた。
なんて自分の仕事(していること)にプライドと熱意がある子たちだろうかと。
とても愉快な気持ちになり、そのまま帰り道アコーディオンを弾きながら歩いた。

そんな帰り道、朝からご飯を食べていなかったことに気づき、飲食店を探したが、
そのあたり一帯に店は殆どなく、とある某チェーン店へ。
私に「いらっしゃいませー。」と来店を歓迎してくれたのは自動ドアだけだった。
従業員が2人いたけれど彼らはこちらを暗い目で一瞥しただけ。
忙しいんだから接客なんてしてられねーよ、というところだろうか。
もしくは自動ドアに挨拶してもらってるんだし、
自分たちは担当じゃないんだから、というところだろうか。
明らかにさきほどの女の子たちと違った。
いやいや仕事してるのかなぁ。熱意もプライドも感じられず残念だった。
でも。悪いのはこの子達だけのせいなのかしら。
この店には仕事に喜びがもてるようなシステムがあるのかしら。
そもそも周りの大人は彼らのことを信用してるのだろうか。
プライドや夢を持たせてあげられるような教育をしてるのかしら。
この子たちかわいそうだなぁ・・・などなどと。

でもつまるところは本人次第なんだけどねぇー。
若者よ。どうせ仕事して、どうせ同じ時間過ごすなら、
せっかくなら酒のネタにするなりなんなりしながら楽しんでくれたまえよ。
その仕事が不本意であろうが不本意でなかろうが、
それは必ず君の肥やしになり財産になるはずなんだからと、おばちゃんは思うよ。
そして嫌なことはやらないこと。そんな無責任なことやったらあきまへんて。
というわけでララは席にも座らず出ましたよ。食事はなるべく優雅にしたいので。
おかげで夜までご飯なしでしたが。トホホ。

ま、そんな話はさておき。

27日はいよいよ音楽と朗読のコンサート。
チラシはknicoさんのお嬢さん(デザイナー)が作ってくれました。可愛いでしょう。
歌を交えながら、詩を読んだり、手紙を読んだり。
今までも賢治の「ふたごの星」など朗読劇にチャレンジしてきましたが、
今回のようなスタイルは初めて。鬼のようにリハーサルをし、
今まで以上に詩を読みまくっています。ハードですがかなり楽しんでいます。
ぜひ日曜日いらして下さい。お待ちしています。
[PR]
by lalaleene | 2011-02-23 02:46

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene