ライブ「命!」

c0220499_12483082.jpg

「命!」って流行ったよなぁ。8年ぐらい前だっけ?子どもたちがよくやってた。
私いまだに「命!」ってまだやりたくなっちゃうのよ。あの人たちなんて名前だっけ?


先日の日曜日、ホントにホントに久しぶりの休日。
娘と東京芸大の学校祭「藝祭2010」へ行ってきた。
シャガール展と芸大生の美術展示を見ようと思っていったのに、
思いがけず耳にしてしまったサンバのリズムに心が釘付けに。
芸大のサンバチーム、初めて聴いたけど本当にめっちゃかっこよかった。
最終日だったからか夜のサンバパーティーはサマフェスさながらの狂乱の夜だった。
物凄い爆音!歌も踊りもなく打楽器だけ!とにかくはちゃめちゃ!
ステージから人が飛んでくるわ、スティックは飛んでくるわ、水をまかれるわ、
押され、踏まれ、飛び跳ね過ぎて鞄は引きちぎれ、靴は底が擦り切れ、ドロドロに。
帰りは親子して全身水浸しで電車に乗るのも恥ずかしかったほど。
たった一時間ほどのステージだったけど、あまりの気持ちよさに、
踊りながら気絶してたのかも。時間があっという間だったような永遠だったような。
やっぱり私は音楽が好き。そして自分でも新発見だったんだけど、
意外と爆音が好き。そしてドラムが好きみたい。お尻が自動的に動いてしまう。
ああ、久しぶりにかなり興奮した。


8月31日は高円寺楽やでのライブ、9月4日は豊島区民ひろばでの人形劇と続き、
ようやく夏の怒涛のような忙しさから抜け出せ、
心身ともにようやくほんの少しリラックス。
31日の楽やも4日の人形劇も本当に楽しかった。笑って掛け合って。
お越し下さった皆様本当にありがとうございました。


お客さんとの空気の中で感応しあって出来上がっていく時間。
台本通りでも台本通りじゃない。譜面通りでも譜面以上のものがある。
ライブって楽しい。
そのことが20年かけてようやく自分のものになってきたような気がする。
ステージの上にいて演じてるときも、ステージの下で見てるときも、
どちらも至福の場所であるべきだと思う。ステージの上も下もない。
究極、どちらにいても同じなんだと思う。なぜなら共演者だから。
交流しているのは「音楽」そのものだけじゃないんだな。


。。。なんてことを、一連のライブを思い出しつつ、
今日の藤野リハーサルにて山里の風の中考えていました。
knicoさん、芳晴さん、お疲れ様でした。
9月26日のライブもみなさまよろしゅう。チケット残り僅かだそうですよ。


c0220499_315518.jpg



写真は芸大サンバパーティーの写真。わかりにくいわね。
そして8月31日のライブの共演者、キュービーさんと佐川文絵ちゃん。
楽しかったよ。ありがとね。また一緒にやろうね。
[PR]
by lalaleene | 2010-09-08 03:19

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene