花のつぼみ 春の匂い

c0220499_295622.jpg


やったぁ~~~~!!!
娘が第一希望の都立高校入学が決まりました~~~~!!!
朝からレンガを飲み込んだように胃が痛かったけれど、
娘の受験番号を見たときは、もう驚きと喜びで、
興奮しまくりでした。この日のためにすっごく頑張ったので。
夢をかなえようと努力する時間を共有できるということは、
こんなに嬉しいことなんだって初めて知ったような気がします。


新しい風が吹いてきて、つぼみがほっこりふくらんで、春の匂いがしてきました。
私の音楽活動もまた新しい幕がまもなく開くことになりそうです。
親子共々、大変な航海に出てしまうのかもしれませんが、
そうだったとしてもやっぱり旅に出ちゃうんだな。


実は、高校入試の日、緊張に耐えられず、早朝から、ひとりで、
「こまどり姉妹がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を観に行ってきたの。
昭和30年代一世風靡した歌手、こまどり姉妹の生い立ちから始まる
片岡英子という若い女性監督が撮ったドキュメンタリー映画。
戦前戦後の中を生き抜いてきた2人の半生は常に波乱に満ち溢れた壮絶なもので、
決して歌手になりたくてなったわけではなかったらしいのだけども、
歌手をやめようとするたび、運命に引き戻され、
歌手という道をやめることを神様に許してもらえない人たちなのね。
でも結果的に歌手という宿命を受け入れていくんだけど、
逆境をはねのけ、その宿命さえ乗り越えていく姿は、
なんとも自然体で、可愛らしくて、そしてつけまつげの厚化粧で(笑)
「ほーら、こんな厚化粧、見たことないでしょう~~。」と客席を歩く姿に会場爆笑で。
うわーっ!これはあたしたちが書きたかった
「恋のハイウェイ旅情」の響麗子だぁ~!とはしゃいじゃいました。


「辛い辛いと思って歌ってきたけど、振り向いてみれば、
歌のおかげで、人と出会って支えられて、楽しいことばっかりだったんだ、って
気づいたら、もう楽になっちゃったのよね。」と語る2人のすっきりした柔和な顔と、
ラストシーンの渾身の一曲にすっかりシビれ、感動ひとしきりで映画館をあとにしました。


渦中にいれば見えないけれど「過ぎ去ってみれば」見えることっていっぱいある。
「あなたの歩いた足跡には、綺麗な花が咲いてるでしょう。」
水前寺清子の歌のように真摯に生きていきたいな。
毎日いろいろあるけど、ララは今日もしあわせですよ。
[PR]
by lalaleene | 2010-03-04 02:10

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene