<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

虹の向こうに

c0220499_211584.jpg

九州に今度は台風がやってきた。
もうお願いだから勘弁して~、と言いたいぐらい降っている。
突然ダダーっと降ってみたり、晴れてみたり、光ってみたり。
昼間は暑いし、なんだか最近ぐったり気味。いやになっちゃう。

夕方自転車に乗って買い物に行く途中もやっぱり降られて、
ひとりギャーギャー言いながら自転車漕いでたら急にやんで、
ふと気づいたら虹が半円にかかっていた。

なんて大きな虹!!

歩道の脇の駐車場にいた6歳ぐらいの男の子に、
「ほら、見てごらん、虹だよ。」って教えたら、
「わぁ、すごい!ねぇ、お父さん!虹だよ、見て、見て~!」ってはしゃいでいたが、
お父さんに「うるさい!早く行くぞっ!」と車に押し込められて行ってしまった。
お~いっ!!お父さんそんなに急いでどこへ行くんだよ~!!
と、言いもせず。
口が半開きになったまま、ひとり取り残されたアホ面長髪の変なおばさん。
なんだかあたいもしょんぼりしてしまった。

しかしほんの一瞬のことだった。
道ゆく人たちも車たちも誰も気づいていないようだった。

人との出会いもまた同じよう。
いつも出会えるわけじゃないんだ。
気づかず通りすぎてしまうことのなんと多いことか。

ゆったりと時を生きなくてはわからないことがある。
朝顔の咲く瞬間、葉のすれる音、風で感じる天気予報、月の満ち欠け、
子どもたちなら見つけてしまうであろう、
ほんのささいなことにみえるあれこれ。
生き急いでいたら見落としてしまう。
テレビや人の体面やうわさばかり気にしていたら鈍感になって、
何もわからなくなってしまう。もっと自分の勘を信じるべきなんだろうと思う。

ちょっとだけ深呼吸しよう。
出会えた奇跡を大切にしたい。
体中で慈しみ感じたい。
[PR]
by lalaleene | 2012-07-19 02:25

旅から旅へと。

c0220499_1830253.jpg

ようやく雨があがった。
本当に酷い大雨だった。雷が近くて落ちて家がグラグラ揺れ、
雨で屋根が叩き潰されるかと思ったほどに数日間本当に怖かった。
被害に遭われました方々に心からお見舞い申し上げます。

6月後半から旅続きの日々を抜け、雨に隠れて一週間ほど倒れていたが、
今はほんの少し回復。連休は市内の若宮神社で神楽を見た。
子ども達がスサノオや蛇に向かってギャーギャー興奮し大騒ぎする図は
まるで昔のドリフのコントのようだった。
蛇に向かって「後ろ!後ろ!」と、
(うしろにスサノオがいるから切られるよ、気をつけて、という意味)
叫んでいる子どもを見たときは「志村、後ろ!」を思い出し爆笑した。
鬼に追いかけられたり蛇に頭を噛まれて泣きさけび逃げ惑う子どもたち。
神楽も良かったが、子ども達の姿が天真爛漫すぎて感動した。
子どもが元気な町と芸能が盛んな町は豊かないい町だなあとしみじみ思う。

アコーディオンにキャリーバッグをガラガラさせて、
この数週間はまるで寅さんのような日々だった。
6月26日に神戸入り、29日は演歌のスナックキャンペーンに同行しコーラスを、30日は大阪にて演歌歌手・五島有紀さんの30周年記念コンサートのコーラス&演奏をした。
翌日もワークショップに営業に、かなりの強行スケジュールだったにも関わらず、
エネルギッシュに、そしてどんなときも喜びをもって最高のステージをする有紀さんを、
まぶしく愛しく見つめてるような4日間だった。
そして大阪は今回も面白かった。人も町もコテコテすぎ。
なんて遊びが上手な人たちなんだろう。ますます大阪が好きになった。

その後はアーティストのだるま森さんが新作製作中ということもあり、
彼の奥様・えりこさんのお仕事のお供にアコーディオン兼運転手として初めての山形と愛知県の一ノ宮市へ。山形には被災した方々が多く暮らしていて、お母さんたちからは、地震のこと、津波のこと、原発事故のことを聞いた。
私はただ泣くことしかできなかったけど、
そのあと宴会のときに、アコーディオンを弾いてみんなで生オケ大会をし、
ひとりひとりの歌を聞きながら弾きながら何度も私自身が励まされた。

名古屋では、数人のアーティストさんたちと表現のこと子ども達のこと、
政治のこと、原発のこと、未来のこと、ファミレスが閉店になるまで話し込んだり、
えりこさんとは道中、フライングダッチマンの「ヒューマンエラー」を
爆音で聞きながら、熱論を交し合い、大きな刺激と力をもらった。
「表現者とは時代をリードしていく存在。こうなりたい、こうありたい未来を、
自分の表現の中で、自分の生き方で、体現していくのが本物のアーティストだ。」
「ウチはウチの哲学をもって作品の中でそれらを表現していく。
批判を恐れて本当のことを言わない輩はアーティストとは呼ばない。」
「大事なことはテクニックではなくメッセージだ。」
と言ったえりこさんの言葉が印象的かつ清清しかった。覚悟を決めているんだな。

それにしても山形は本当にきれいだった。
山は青き水は清き「ふるさと」の歌詞のそのままの風景。
各地を歩いて思う。なんて日本は美しいのかと。
この自然を守りたい。そして人の心も。大事なのは愛だ。
フライングダッチマンも叫んでいた。
「愛だろ愛!愛って言ってみろよ、バカヤロー!」
これからも旅を続けよう。いろんな町へ、そして自分の内側へ。
いつかそばアレルギーが治ったらわんこそばにもチャレンジしてみたいな。

来週末は愛知県。名古屋と碧南へ行きます。
相方・菅原里奈が雑誌「歌の手帖」で好評連載中の「里奈の声のお悩み相談室」が、
大阪に続き、名古屋・碧南でも生相談室が開催されるので、
私はピアノ伴奏者として同行します。
歌や声にお悩みを抱えている方、上手になりたい方、ぜひいらしてください。
短時間でわかりやすく声が変わるのを体感してもらえること間違いなしです。
グループレッスンと個人レッスンがあります。
27日(金)は栄のナディアパーク、28日(土)は碧南市芸術文化ホールにて。
お問い合わせは合同会社アニマートまで。お待ちしています。TEL/03-6677-0572
[PR]
by lalaleene | 2012-07-17 18:31

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene