<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

無事を祈っています。

さきほどようやく避難していた体育館より家に戻りました。
今テレビを見ながら、東北地方のあまりの惨状にショックで言葉が出ません。
何もかもが信じられず呆然としています。
犠牲になった方のご冥福を心の底よりお祈りするとともに、
被災されている方々のご無事をお祈りいたします。
どうかどうかみなさま安全を確保されますように。
お見舞い申し上げます。

私の方はあのあと電話もメールもネットもつながらなくなり、
とても不安な夜だったけど、
徒歩圏内に避難できる場所があったし、
たくさんのボランティアさんたちがいて本当に助けられた。
体育館は寒かったし寝られなかったけど
温かいご飯と味噌汁や毛布ももらえて凄く嬉しかった。
そして夜遅くに帰宅できなかった数百人の人たちと一夜を共にし、
とても安心な気持ちで夜を過ごせました。

子どももようやく戻ってきました。
昨日は殆どの生徒が学校に宿泊したそう。
1枚の毛布を5人でくるみあって寝たらしいけど、
連絡がなくて心配していたけど、
安全な場所にいられたことが本当に良かった。

家はめちゃくちゃでいろんなものが散乱し壁の破片が落ちてるし、
まだ余震が続いていて、このボロ家もまだ揺れていて、
さっきも2階の部屋から階段を降りるとき余震があり、
あまりの恐ろしさに足がすくんで降りられませんでした。
私自身完全に地震酔いしています。これから少し横になります。
私の携帯電話とメールはまだ繋がりませんので、
連絡はホームページまでよろしくです。

とはいえ、私のこんなたわいもないことなんて、という想いです。
みなさんが、揺れない安全な場所で早くゆっくり眠れますように。
[PR]
by lalaleene | 2011-03-12 11:32

現在避難中

出かけようと家を出て、鍵をかけた瞬間、グラグラ。

気のせいだと取り直し、歩き始める。
道を歩くおばさんと、あら揺れてるわね、とニッコリ微笑みあった矢先、
グワングワンと地面と空が大きくグラウンド。
キャーっ何これ!?と、街中が阿鼻叫喚の世界へ。
塀がガラガラと崩れ電柱がしなりガラスの割れる音がした。
何処にも手が掴めない。長かった。本当に怖かった。

とりあえず駅へと急いだが電車はストップ、バスは乗れず、
高層マンションが揺れていて、駅の壁が崩れてきた。

というわけで今日の予定はすべてキャンセルし、
近所の小学校体育館にて避難しています。
我が家はボロくて倒壊の可能性あり帰れません。
そして今誰とも連絡とれません。
娘も何処にいるのかわかりません。
何故か電話や携帯メールは繋がりませんが、
ネットは繋がるので今携帯よりアップしています。
届いているかわからないメールを一方的に送りつけ、
勝手に予定をキャンセルした○○さんごめんなさい。

私に連絡ある方はホームページのメールフォームからご連絡下さい。
[PR]
by lalaleene | 2011-03-11 19:19
c0220499_159563.jpg


c0220499_159122.jpg

                                         (写真:西山哲也)

先日の「Respect ~深町さんへのラブレター~」では、
ご来場いただいたみなさんにもお手紙を書いていただき、
また、㈱楽工房の西山社長にも写真撮影していただきました。

お越し下さった皆様、素敵なお手紙どうもありがとう!
たくさんいただいたので、Knicoさんと手分けしアップすることにいたしました。
(もちろん匿名にさせていただきましたし、NGの方のものは掲載していません。)
こちらのサイトと違う写真とお手紙がアップされています。
ご興味あったら覗きにいってみて下さいね。

knico(クニコ)BLOG    http://knico.exblog.jp/

c0220499_205547.jpg
*****************************

●深町さんの言葉を回想する朗読の中で、
「よく夢を持て、という人がいるけど、夢なんて叶わなくてもいいんだよ。
そうそう叶うものでもないし。一番大切なことは夢を “ 見る ” ことです。」と、
おっしゃっていたことが印象的でした。

●いいライブでした。ありがとう。
いつか店に行こうと思ってるうちに深町さんは旅立ってしまいました。
でも今日来られて良かった。私もこれから好きな夢を見たいです。
どこへでも飛んでいけるような自由で温かく感謝に満ちた夢をね。

c0220499_23119.jpg


●素晴らしい歌をありがとう。詩やおはなしも素敵でした。
ピアノも味わい深く素敵でした。

●初めてお店に来て、朗読とピアノを聴きながら、
深町さんの世界というものを想像しました。
これから深町さんの音楽を聴いてみたいと思います。

●おつかれさま!今後に期待しています。

●人間は唯一弔いをする動物だと聞きました。
こうやって亡き人のことを考えたり、歌ったり、泣いたりして、
立ち止まることは、過ごした日々や瞬間を思い出に位置づけたりするために、
人間にとって必要なことなのかもしれないと思いました。
深町さんに生前出会っていたらファンになっていただろうと思ったり、
でももうすでに深町さんとは出会っていたような気すらしました。

c0220499_212197.jpg


●一期一会という言葉があります。
一緒に過ごす時間の長さだけでなく、出会った瞬間に通じ合えることがある。
そんなことを考えさせてくれるライブでした。
深町純さんという不世出の音楽家に出会える機会はありませんでしたが、
今後また重ねていくであろう出会いを僕も大切にしていきたいと思いました。

●深町さんのことは殆ど知りませんでしたが、
お二人を通して人柄がわかった気がします。選曲も良かったです。

●お噂でしか伺ったことがなく、一度演奏を聴いてみたかったのに、
その矢先に亡くなられてしまったことが残念でなりません。
お会いできるチャンスもあったのに・・・。でも来世ではぜひお会いしたいです。

c0220499_241118.jpg



*****************************


こないだのライブは、私にとっても夢のようなひとときでした。
みなさんと出会えたこと感謝しています。
ラブレターを下さり本当にありがとうございました!!



ララリーヌ
[PR]
by lalaleene | 2011-03-06 02:08

Respect

c0220499_1571146.jpg


先日2月27日に行われました、
「Respect~深町さんへの手紙~」には、
たくさんのみなさまお越しくださりありがとうございます。

昨年11月に急逝された、日本を代表する音楽家であり、
この店のオーナーであった深町純さんへ、一ファンとして、
心を伝えたい、また、2月27日をもってFJ’Sが幕を下ろすと聞き、
制作期間2週間という短い時間の中、コンサートを制作いたしました。

当日の演目は深町さんが生前こよなく愛されたショパンの曲を中心に、
クラシック曲や私たち及び深町さんのオリジナル曲を演奏、歌唱。
また世界の詩人や小説家の詩を朗読、ファンの方や私たちからの手紙を読みながら、
MCなしでつなげていくという「夢」をキーワードに1時間20分のストーリー仕立てのコンサートをお送りしました。無事終演でき、ようやくほっとしています。

また、私たちなりの深町さんへのオマージュ(Respect)を、
少しは天国に届けられたのではと思っています。
リハーサルのときからですが、何度も深町さんがいらっしゃる気配を感じました。
窓の外から見てたり、本番中私の肩に手をかけ「ドンマイ」と言ってくれたり、
ピアノに頬杖ついてknicoさんを見たり、最前列のひとつだけ空いた座席に、
深く腰を下ろし「いいじゃない」など言ってるような気配を何度も感じました。

時代を先駆け、時代を追い越し、光のように突き抜けていった天才音楽家。
ゆるぎない音、美意識、そして音楽哲学。
それらのすべてが人の尊敬に値する宇宙のような方でした。
そしてそんな深町さん自身も、
人間に対しての深い愛情とRespectに満ちた方でもありました。
大切なことをたくさん教えてくださりました。

ありがとう。そしてさようなら。
またあなたにお会いできることを楽しみにしています。

当日は「ラブレター」というタイトルということもあり、
みなさんから素敵なお手紙をたくさん頂戴いたしました。
掲載許可をいただいたお手紙を次回はいくつか抜粋して貼らせていただきます。
また㈱楽工房の西山社長から写真をたくさん撮影していただきましたので、
当日の模様も次回にはアップします。

きっと深町さんもみなさんの気持ちを汲んで喜んでくださってるかと思います。
取り急ぎ御礼まで。みなさんありがとうございました。
[PR]
by lalaleene | 2011-03-02 01:59

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene