はじめてのやんばる

c0220499_16151058.jpg
(大宜味村の道の駅の前の浜で。なんと戦場カメラマンにばったり遭遇した。)
c0220499_16154290.jpg
(陽にあたってキラキラきれい)
c0220499_1616929.jpg
(やんばるは亜熱帯林。東村にて)
c0220499_16272278.jpg
(民宿のベランダにて。寝室もトイレも風呂も海の真横というワイルドさ。)
c0220499_16165450.jpg
(右の標識はヤンバルクイナに注意、左は・・・え?豚に注意って!?)


用があり沖縄へ行くことになり、
今は那覇の桜坂劇場の中の「さんご座キッチン」というカフェにてぼんやり。
思いがけずひとり旅をすることになりました。

おとといはレコード会社に行ったりたくさんの沖縄仲間や先輩に会ったり、
昨日はふと思い立ち沖縄本島の最北部・ヤンバル、
国頭村の楚州(そす)というところに行きました。
那覇市街から車で3時間、海辺の民宿に泊まりました。

テレビも新聞も置いていない裸電球一個の部屋で、
扇風機を回しつつ長い髪を乾かしながら、
ひとり波の音とヤモリの鳴き声をきいて過ごしました。

夜は怖いほどの量の星がまばたきし、
海は太古を思い出させるようなリズムで眠りを包んでくれた。

朝起きて顔を洗う前に海に飛びだししばし泳いだ。
なんてきもちいいんだろう。
天国ってきっとこういう場所なんだろうな。
こんな風にシンプルに暮らしたいな。

高江で見つけた新聞にも書いてあったけど、
「ちむぐくる(肝心/沖縄方言)」
命を思いやる気持ちで物事を見つめたら、
感覚が研ぎ澄まされ、自然に何がホントかウソかわかるようになるのに、
何が必要かそうでないかわかるのにって。

生まれてきたままの心で暮らしたい。
本当は心の奥底でなにもかも知ってるんだ。
傷みを感じないふりをするのはもういやだ。
もうすでに答えなんて知っているのに、
わからないふりをするのなんていやだ。

自分自身をもっと愛したいし、
あの人にもこの人にもそうであってほしい。
ひとりでいることを恐れないで。
世界が自由で平和でありますように。
[PR]
by lalaleene | 2012-05-27 16:24

シンガーソングライター・ララリーヌのブログ


by lalaleene